|HOME|

こちらでは、筆のおろし方、お手入れの方法などについてご紹介します。
=太筆の場合=
筆は出荷段階では、捌き筆を除き、フノリで図のように穂先が整えられています。
これは、わずかに残っている原毛のくせ毛を伸ばして、まとまりをよくする為のもの。
ご使用に際してはこのフノリを取り除きます。
フノリで固められた穂先
穂の先端からゆっくりと指の腹で揉みほぐしていきます。
無造作に机などへ押し付つけると、筆を傷める原因となりますのでご注意下さい。硬い場合は水やぬるま湯に浸しながら揉んでも構いません。

おろしたい部分が十分にほぐれましたら、水またはぬるま湯に浸して、十分にすすぎ、フノリを取り除きます
その後、反古紙(使用済の半紙など)で水分をふき取って、墨をつけてご使用下さい。
指の腹部分でやさしくゆっくりと
硬い場合はぬるま湯につけて揉みます
=細筆の場合=
細筆の場合、ほぼ100%フノリで固めて出荷しております。
細筆はなんといっても穂先(穂の先端の意)が命ですので、筆のおろし方も慎重に行う必要があります。
細筆の場合、先端から1/3部分のみをおろして使います。上記の写真の場合、茶色の毛の部分が命毛と呼ばれ、ここで線を描きます。

おろし方は太筆と同様、指の腹で先端部分からやさしく揉みほぐします。
十分にほぐれましたら、先端のみ慎重に水に浸してフノリを取り除いてください。
(水洗いせずご使用いただいても構いません)
毛量が少ない為、揉みほぐす
過程でフノリも落ちてきます
=太筆の場合=
穂先を十分に濡らします
まずは穂先を十分に濡らしてください。
図のように水をためても、流水でも構いません。

その後、指の腹部分で揉み洗いして、墨を洗い出します。
ある程度揉んでも墨が出なくなるまで、根気強く洗います。

特に注意していただきたいのが、穂の根元部分
ここで墨が固まると、筆が割れたり、毛が切れたりする原因となりますので、丹念に洗いましょう。
筆のお手入れはとても大切です。
お買い上げいただいた筆がどんなに良い筆でも、お手入れ次第で寿命が変わります。
長くご愛用いただく為、ここでは筆のお手入れ方法をご案内致します。
穂の根元を重点的に洗います
十分にすすいだら、筆の穂を指の腹で押さえつけるような感じで水分を水分を絞り出してください。

筆に使われる獣毛は、完全に濡れている場合においては指で揉んでも切れたり痛んだりすることは、ほとんどありませんのでご安心を。
水分を取り除きます
指で水分を絞りだした後、反古紙(使用済の半紙など)でさらに水分を取り除いても構いません。

十分に水分を取ったら、穂先を整えて完了です。
穂先をきれいに整えます
洗い終えた筆はすぐにしまわず、筆架等につるして風通しのよいところで完全に乾かして下さい

また、キャップは絶対にしないで下さい。
キャップをすると、水分を含んだ穂の毛が蒸れてしまい、最悪の場合、毛が腐って抜け毛や切れ毛の原因となります。


筆を休ませながらお使いになると長持ち致しますので、可能であれば、お気に入りの筆を2-3本お持ちいただいて、順にお使いになることをお奨めします。
これが筆架 一つあると便利です
筆架がわりに
お手入れのポイント
① ご使用いただいた筆にはキャップをしないで下さい。
② 筆は水またはぬるま湯で洗ってください。(せっけんや洗剤を使わない)
③ 筆はやさしくやさしく洗ってください。
④ 洗った後は、風通しの良いところで乾燥させてください。
=細筆の場合=
細筆の場合、墨のついた先端部分を洗います。

慎重に先端部分のみ水洗いをするか、左写真のように、反古紙に水を含ませ、筆を寝かせるようにして、墨のついた先端部分を回転させながら墨をふき取っていきます。

数回繰り返すことによって、ふき取る墨が薄くなってきたら完了です。
筆を寝かせて回転させます
穂先が割れる

このような場合には、上記のお手入れ方法を行ってください。

それでも改善されない場合は、以下の方法をお試し下さい。
大まかにいって、墨は油や木材を燃やしたときに出る煤(すす)を膠(にかわ)で固めたもの、墨液や墨汁はその煤(すす)を合成糊等で固めて液体にしたものです。

筆の使用後に放置しておくと、この煤や膠、合成糊が乾燥して凝固し、様々なトラブルの原因となります。

そこで筆の使用後には、この筆に付着した墨や墨液・墨汁をすすぎ落とすことが大切となります。
丁寧に洗っていても、筆軸の中に埋め込まれている部分(左写真)から、徐々に墨が残って固まってしまうことがあります。

こうなると、穂が根元から左右に広がってまとまりを欠いてしまうことから、穂先が割れてしまうのです。

この部分
この根元で固まった墨を取り除く方法としては、左のように筆を吊るして、根元の穂ががひたひたにつかるようにして、しばらく浸けて置きます。

ポイントはぬるま湯を使うこと。
墨に含まれている膠(にかわ)は熱に弱いという特徴があります。

ぬるま湯につけて、膠を溶かして洗い流します。

しばらく浸けた後、根元を中心にやさしく揉み洗いしてください。
一つのアイデアです
ひたひたに浸かる様に
大切なことは、洗った後は風通しのよいところで完全に乾かすこと

濡れたまましまってしまうと毛が腐ることがあり、毛抜け、毛切れの原因となります。