|HOMEへ|

筆軸(フデジク)は大きく分けて、ダルマ軸と普通軸に大別されます。

ダルマ軸の筆は、持ち手部分の軸が細くできるので手先を使う感覚が出しやすいと言われます。

一方、普通軸の筆は、穂の根元の直径(穂径)と持ち手部分の軸の太さがほぼ同じになるので、ダイレクトに線の太さを感じることができます。

どちらもお好みでお選びください。

筆は、以下のような形態で呼び名がつけられます。

 1.穂径(穂のもっとも太い部分の直径)の太細によるもの
 2.穂先の姿・かたちによるもの
 3.穂の原料によるもの

たとえば、「6号程度の中峰でイタチ毛の筆は、、、」などと言います。
=穂径の太細による呼び名=
号 数
穂 径
標準字数・用途
1号
15.0mm
半紙1字 半切1-2行 半切用
2号
14.5mm
半紙2字 半切2-3行 半切用
3号
13.0mm
半紙2-4字 半切3行 半紙用
4号
11.0mm
半紙4-6字 半切数行 半紙用
5号
10.0mm
半紙6-8字 半紙用・色紙用
号 数
穂 径
標準字数・用途
6号
8.5mm
半紙8-12字 半紙用・色紙用
7号
7.6mm
細字 名前書き 細字書道
8号
6.7mm
細字 名前書き 細字書道
9号
6.0mm
細字用
10号
5.5mm
細字用
ちょっとイメージしづらい部分があるかもしれません。

大まかにいって、いわゆる太筆は3号・4号、中筆は5号・6号、細筆は7号以上と考えていただければ良いかと存じます。
(また中筆を区別せず、「太筆」と呼ぶ場合もあります)
穂の長さについては、長峰・中峰・短峰という
呼び名があります。
これらは単純に穂の長い・短いという意味ですが、
「穂径(穂の直径)に比した穂先の長さ」を言う
ものです。
具体的には目安として、穂の長さが穂径の5~6倍以上長いものを長峰、4~5倍程度のものを中峰、それ以下を短峰と読んで区別しております。
穂の原料に使われるものは、特別なものを除き、馬・羊・イタチ・狸といった獣毛です。

この原毛を一種類のみ使用してつくられた筆を、純羊毛筆、狸筆、イタチ筆などと原毛の名をつけて呼びます。
原毛それぞれに、硬軟・弾力・しなやかさ・墨含み・線の質などの特徴がございますので、お好みでお選びいただけたらと存じます。

一方、原毛を二種類以上混ぜてつくられた筆を兼毫筆(けんごうふで)と呼びます。
兼毫筆は、原毛それぞれの特徴をふまえて混毛(ブレンド)した筆で、その選毛の仕方によって筆の性質が変わってまいります。
その他、穂先が極めて細く長い面想筆(めんそうふで)、写経等に使う雀頭筆(じゃくとうひつ)、捌き筆(さばきふで)など、穂先の違いによる呼び名がございます。
筆の穂のことを「穂」または「穂先」と表現します
また、きくや筆本舗では、木軸の部として別途
規格を設けております。
木軸の筆は通常の筆と比べて太く
(下写真参照)
主に書作品や書初め用として使用されます。
号 数
 穂 径 
四号
12.0mm
五号
15.0mm
六号
18.0mm
七号
21.0mm
八号
24.0mm
号 数
 穂 径 
九号
27.0mm
十号
30.0mm
十二号
36.0mm
十五号
45.0mm
二十号
60.0mm
木軸の部 規格表
普通軸(竹軸)の部 規格表
中峰(上) と 短峰(下)
極細面想筆の穂先
雀頭筆の穂先
捌き筆の穂先
=穂先の違いによる呼び名=
穂径の太細による呼び名には規格があり、大きいものから順に1号・2号・・・と呼びます。
=原料の違いによる呼び名=
=筆の呼び名 まとめ=
左写真はどちらも同じ商品名の筆ですが、上記の呼び方に照らすと、

上は、「四号の中峰 兼豪でダルマ軸のもの」

下は、「四号の中峰 兼豪で普通軸のもの」

というようになります。

穂先の色や形によっても呼び名がございます。

穂先の毛の色が白いものを白毛(しろげ)、茶色のものを赤毛(あかげ)といって区別します。

例えば同じ商品名であっても、「○○の赤毛の筆」といったように、穂先の色の違いによって区別されます。
上は白馬毛、下は赤馬毛を使用
いかがでしたでしょうか?

「規格」の説明ですので小難しい説明になってしまったかも知れませんが、お問い合わせの際は、

商品名、定価、太筆か細筆か、赤毛か白毛か

の4点をおっしゃっていただければ、たいていの場合は検索可能ですので、ご安心ください。(きくや筆本舗製品の場合)

ご不明な点はお気軽にお尋ねください。

|TOPへ|
「木軸の8号」 などと言います